痩せているのにいびきをかくのはなぜ?

P

いびきをかくのは肥満の人が首回りに脂肪が蓄積して気道が狭くなっている場合が多いです。

 

しかし痩せているのにいびきをかく人もいます。これはなぜなのでしょうか?

 

実は日本人は、痩せていてもいびきをかく人が多いんです。その原因は色々あります。ひとつひとつ確認していきましょう。

 

骨格の問題

首が太い、短いまたは顎が小さい、顎が奥に引っ込んでいるなど骨格が原因にでいびきをかいてしまう事があります

 

舌が大きい

舌の大きさには個人差がありますが、一般的な大きさよりもかなり長さや横幅があるという場合、軌道をふさいでいびきの原因になることがあります。

 

扁桃腺の肥大

扁桃腺が肥大している場合には、喉が狭くなっていびきをかきやすくなります。

 

のどちんこの大きさ

のどちんこが長かったり大きかったりするといびきの原因になります。

 

薬の服用

寝る前に睡眠薬を飲んでいる場合、体内の筋肉を弛緩させる為、舌を支えている筋肉や気道の筋肉が脱力して口がぽっかり開くために舌がのどに下がってしまう可能性もあります。

 

お酒

お酒を毎日のように飲んでいるという場合、血流が良くなって鼻の粘膜の毛細血管が拡張することにより鼻腔が狭くなって口呼吸になっていびきをかいてしまうということがあります。

 

P

痩せているからいびきをかかない、なんて事はないんですね。痩せていてもいろいろな原因でいびきをかいてしまう事があるようです。

 

外科手術などでいびき対策をする事もできますが、そこまでいくと少し気が引けてしまいますよね。

 

そんな方にはサプリでうるさい音を落ち着かせる事ができるサイレントナイトがお手軽でオススメです。

 

 

サイレントナイトの詳細はこちら>>