ストレスがかかるといびきはかくの?

P

いびきの原因は様々ありますが、その中でもストレスは深く関わっています。

 

日常的にいびきをかくわけではないけれど、たまに大きないびきをかくことがある、なんて方はこのケースかもしれません。

 

ストレスからかいてしまういびきの原因には主に2つの理由が挙げられます。

 

口から酸素を取り込むため

人はストレスがたまると疲労物質である乳酸が体内に蓄積されます。

 

本来ならばこの乳酸はビタミンCによって分解されますが、ストレスがかかるとこのビタミンCは免疫力回復のため大量に消費されてしまいます。

 

するとこの体に蓄積された乳酸をどうやって分解するのかというと酸素とくっつくことで水と炭酸ガスに分解しようとします。

 

P

つまり、ストレスがたまると乳酸を分解するために無意識のうちに口からたくさんの酸素を取り込もうとします。

 

そのため鼻呼吸よりも口呼吸が増え、必然的にいびきをかいてしまう確率があがります。

 

筋肉の弛緩により舌根が下がる

ストレスがかかると体がいつも以上に休息モードにはいるため全身の筋肉が弛緩します。

 

すると仰向けになった時は特に舌根が下がってしまい空気の通り道を塞いでいびきを発生させてしまいます。

 

このような理由がストレスがかかるといびきをかくようにる原因として挙げられます。

 

ストレスは精神的にも肉体的にもいびきを悪化させる要因となります。

 

ストレスをなくす一番簡単な方法はリラックスをすること。

 

仕事でストレスが溜まってしまう方も非常に多いですが、できるだけ自分の好きな時間を過ごしてストレスから解放される時間をもつのも大切です。

 

運動や趣味の時間をもち上手にストレス発散を心がけてくださいね。

 

 

サイレントナイトの購入はこちら>>