睡眠時無呼吸症候群の対策

睡眠時無呼吸症候群の対策の対策としては、まずは原因を突き止めて原因を取り除くということが大切です。

 

もし、肥満が睡眠時無呼吸症候群の原因になっているということが明らかであれば、ダイエットに励むということが大切になります。

 

P

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を週に3回以上取り入れ、カロリー制限をして食べ過ぎたり高カロリーなものを過剰摂取しないように心がけることが大切です。

 

原因が分からないとか、いびき対策グッズなどでは成果があまり良くないというのであれば、「睡眠外来」などの専門医を受診して睡眠時無呼吸症候群の原因が何なのかをはっきりさせましょう。

 

市販のいびき対策グッズには、マウスピース、いびき対策枕、鼻腔を広げるテープや装着するシリコンなどが売られています。

 

市販のいびき対策グッズで効果が出る場合もありますが、あくまでも一時的な効果で、グッズを使わなければまたいびきが出る為、一時しのぎでしか無いというデメリットもあります。

 

診察の上で睡眠時無呼吸症候群の原因によっては、いびき治療のために外科手術をするという場合もあります。