睡眠時無呼吸症候群って?

P

睡眠時無呼吸症候群は、眠っている間に呼吸が止まる病気のことで、英語では Sleep Apnea Syndromeです。頭文字を取ってSAS(サス)とも呼ばれています。

 

医学的には、10秒以上気道の空気の流れが止まった状態を無呼吸と呼びます。7時間の睡眠中に無呼吸が30回以上、もしくは1時間に5回以上あれば睡眠時無呼吸症候群です。

 

睡眠時無呼吸症候群の対策はこちら>>

 

寝ている間の無呼吸は、一緒に寝ている人などに指摘されれば気が付きますが、気が付かないままの潜在患者が多く存在すると言われています。

 

寝ている間の無呼吸が起きている間の日常生活に様々なリスクを生じさせる原因にもなります。

 

生活習慣では喫煙、毎日の飲酒、肥満がありますが、痩せていても顎の骨格が小さい方も睡眠時無呼吸症候群になりやすいです。

 

また、高血圧、糖尿病、高脂血症などになったことがある方は、睡眠時無呼吸症候群を疑ってみたほうが良いでしょう。

 

舌が大きかったり長かったりするのも気道をふさぐため、睡眠時無呼吸症候群になりやすいです。

 

閉塞型睡眠時無呼吸(OSA)は、男性に多いですが、更年期以降には女性にも多くなるので注意が必要です。